カナモジカイの主張

〈トップページ〉へ

 カナモジカイ または、カナモジカイの 会員などの 主張です。
 会員の 主張は、個人的見解で あり、かならずしも カナモジカイの 公式見解と 一致して いる わけでは ありません。

 国語国字問題(総論) カナモジ論 (1971年) 〔国語国字問題の本質
国語国字問題講座 (「カナノヒカリ」1981年1〜12月号)国語国字問題のあらまし
以下は、テーマ または キーワードごとに まとめて あります。(アイウエオ順)
 当て字 アテ漢字のイロイロと そのガイ (オバタ・タダオ 「カナノヒカリ」1997年12月号)
 新井白石のカナ専用論 カナモジ論の 出現まで (国語国字問題講座 第4講) (「カナノヒカリ」1981年4月号)
 異体字 戸籍の漢字〜それは、家紋のようなもの (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2008年アキ号))
戸籍の字体の整理は、不徹底だ (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2008年ハル号)
税金を食う漢字 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」1995年3、4月号))
 異字同訓 異字同訓は、日本語の表現力をゆたかにしているか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年ハル号)
 外国人と国字問題 日本語をバリアフリーのコトバに(3)〜外国人に冷たい日本語の書きコトバ〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2002年フユ号)
 外来語 カタカナ語がハン濫したのは漢字制限が原因か? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年アキ号)
カタカナ語言い換えの使い道 (イマイデ オツ 「カナノヒカリ」2006年フユ号)
カタカナ語を 非難しながら 漢語をつかうのは ムジュンだ (カワイ ヒロシ 「カナノヒカリ」1997年2月号)
日本語の造語力は衰退したか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1995年12月号、1996年1月号)
カタカナ語がはびこるのは漢字制限のせいか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1995年1月号)
変わった「カタカナ語」表記 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1995年1月号)
漢語と 外来語の 比較 (国語国字問題講座 第10講) (「カナノヒカリ」1981年10月号)
 外来語の表記 改悪された『教育用音楽用語』の外来語表記 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1997年3月号)
 カタカナ (漢字カナまじり文での) カタカナで書く囲碁用語 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2000年ナツ号)
カタカナは「カタカナ語」以外にも使い道がある (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1998年4月号)
「交ぜ書き」をどうすべきか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年12月号)
 「カタカナ語」  → 外来語
 カナモジ(カタカナ)専用論 文章をカナだけで書くと、文字数が多くなり不便か? (ユズリハ サツキ) PDF
ローマ字か カナモジか (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2008年フユ号)
なぜ「ひらがな」でなく、「カタカナ」なのか (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2006年フユ号) PDF
 カタセンガナ カナ活字のはなし (カワイ ヒロシ 「カナノヒカリ」1997年11月号)
 カナ(国字)愛護 コクジ アイゴ を ウンドウ の チュウシン に (フジタ アツシ 「カナノヒカリ」2001年フユ号)
カナダラ順 (ヒロタ ヒロコ 「カナノヒカリ」1988年10月号)
 カナ活字  → 書体/フォント
 かなづかい かなづかい問題と 音韻の 役割 (国語国字問題講座 第11講) (「カナノヒカリ」1981年11月号)
 賀茂真淵の漢字批判 カナモジ論の 出現まで (国語国字問題講座 第4講) (「カナノヒカリ」1981年4月号)
 韓国・朝鮮の漢字廃止運動文字改革 コクジ アイゴ を ウンドウ の チュウシン に (フジタ アツシ 「カナノヒカリ」2001年フユ号)
韓国の漢字 (キム ハエ セオング 「カナノヒカリ」1983年7月号)
 漢字/漢語批判 漢字で書かなければ意味が通じないか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2010年フユ号)
知らないコトバでも、漢字で書いてあれば意味がわかるか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年アキ号)
漢字を使うのは、日本語の宿命か? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年ナツ号)
造語力に富む漢字の廃止を主張するのはオロカか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年ハル号)
中国の小学校でおしえる漢字は3000字 --- だから?  〜 常用漢字を ふやしては ならない 〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2006年フユ号)
「漢字」は「Chinese character」である (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1998年2、6、10、12月号)
カタカナ語を 非難しながら 漢語をつかうのは ムジュンだ (カワイ ヒロシ 「カナノヒカリ」1997年2月号)
日本語の造語力は衰退したか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1995年12月号、1996年1月号)
外国語を訓読みする (つかはら よしお 「カナノヒカリ」1985年4月号
シナもじわ どのようにして にほんごを ほろぼしたか (おばた・ただお 「カナノヒカリ」1984年6月号)
ことばが みえない (編集部 「カナノヒカリ」1983年9月号)
なぜ 「にげろ」 と いわなかったか (ウスイ ユキオ 「カナノヒカリ」1981年12月号)
漢字に 造語力が あるか (モモセ チヒロ 「カナノヒカリ」1977年8月号)
 漢字検定 新聞記事にみる日本語表記をめぐる動き〈1998〉 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年ナツ号) 
 「漢字御廃止之議」 明治の 新時代を むかえて (国語国字問題講座 第5講) (「カナノヒカリ」1981年5月号)
 漢字制限 カタカナ語がハン濫したのは漢字制限が原因か? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年アキ号)
漢字制限は、表現の自由を侵害するか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年アキ号)
カタカナ語がはびこるのは漢字制限のせいか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1995年1月号)

漢字制限の 足どり (国語国字問題講座 第6講) (「カナノヒカリ」1981年6月号)
 漢字擁護論批判 漢字・漢語は、漢字文化圏の共通語として尊重すべき? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2011年ナツ号)
文字言語は残るものであるから、変えてはいけないか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2011年ハル号)
漢字なくして文学はありえないか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2010年アキ号)
コトバや文字は、人間が手を加えてはいけないものか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年フユ号)
漢字制限は、表現の自由を侵害するか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年アキ号)
漢字を廃止したら、書道がほろびる? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年フユ号)
「漢字と日本人」 を よんで ―エールと チューモン― (ワタナベ サトシ 「カナノヒカリ」2002年フユ号)
 教育と国字問題 子どもは喜んで漢字を学習しているか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2010年ナツ号)
日常 つかわない 漢字が 不得意? ―― ならば どう する 〜 小・中学生の 学力調査の 結果が しめす もの (つづき)〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2007年ハル号)
日常 つかわない 漢字が 不得意? ―― アタリマエ だ! 〜 小・中学生の 学力調査の 結果が しめす もの 〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2006年アキ号)

漢字の廃止がもたらすものは、文化の断絶・破壊?(ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2006年アキ号)
中国の小学校でおしえる漢字は3000字 --- だから?  〜 常用漢字を ふやしては ならない 〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2006年フユ号)
これが「ゆとり」ある教育か〜減らなかった教育漢字 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年ハル号)
教育問題としての 漢字 (国語国字問題講座 第8講) (「カナノヒカリ」1981年8月号)
 訓読み 異字同訓は、日本語の表現力をゆたかにしているか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年ハル号)
外国語を訓読みする (つかはら よしお 「カナノヒカリ」1985年4月号)
 現地読み 新聞は現地読みを表記せよ (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年2月号)
 国語愛護 カナモジ運動は国語愛護運動である (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年6月号)
文化植民地の ムダサワギ (オバタ タダオ 「カナノヒカリ」1979年10月号)
 国語審議会/文化審議会 (試案答申) 国語審議会試案 エノ イケン (「カナノヒカリ」2000年アキ号)
「表外漢字字体表」はいらない (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年アキ号)
「交ぜ書き」をどうすべきか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年12月号)
→ 常用漢字表の改定に ついては 常用漢字表 を 見よ
 国字問題一般、その他 (日本語の問題、運動論等)
「屋内退避」――こんなコトバで命をまもれるか (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2012年ナツ号)
「様」 と 「御中」 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2011年ナツ号)
文字言語は残るものであるから、変えてはいけないか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2011年ハル号)
漢字なくして文学はありえないか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2010年アキ号)
「御社」 と 「貴社」 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2010年ナツ号)
「障害者」 「障がい者」 「障碍者」 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2010年ハル号)
コトバや文字は、人間が手を加えてはいけないものか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2009年フユ号)
戦後の国語改革は、ドサクサにまぎれて偏向者がおこなったものか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2008年アキ号
戦後の国語改革は、アメリカの指令によるものか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2008年ナツ号)
漢字の廃止を主張するのに、なぜ漢字をつかうのか (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2008年ハル号)
漢字を廃止したら、書道がほろびる? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2007年フユ号)
コトバの化石 (ヤマサキ セイコー 「カナノヒカリ」2003年ハル号)
新聞記事にみる日本語表記をめぐる動き〈1998〉
 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年ナツ号)
カナモジ運動は国語愛護運動である (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年6月号)
 戸籍/人名漢字 戸籍の漢字〜それは、家紋のようなもの (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2008年アキ号))
戸籍の字体の整理は、不徹底だ (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2008年ハル号)
税金を食う漢字 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」1995年3、4月号)
人名の カナ表記に 法的根拠を
 (カナモジカイ建議 「カナノヒカリ」1979年3月号)
 コンピューターと国字問題 コンピューターは漢字を征服できるか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2002年ナツ、アキ号))
新聞記事にみる日本語表記をめぐる動き〈1998〉
 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年ナツ号)
 視覚障害者と国字問題 日本語をバリアフリーのコトバに(2)〜視覚障害者をコトバの弱者にしているものは何か〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2001年アキ号)
 事務能率と国字問題 漢字も一役買った「年金記録漏れ」問題 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2007年ナツ号)
税金を食う漢字 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」1995年3、4月号)
 障害者と国字問題  → 視覚障害者と国字問題 / →知的障害者と国字問題
 常用漢字表 「改定常用漢字表」試案について考える (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2010年フユ号)
こんな作り方でいいのか? 「新常用漢字表(仮称)」 〜 国民の漢字の力を徹底的に調査せよ 〜 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2009年アキ号)
首相の漢字力不足と文化審議会の認識不足 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2009年ナツ号)
新常用漢字表(仮称)試案への意見 (ワタナベ サトシ 「カナノヒカリ」2009年ハル号)
「新常用漢字表」試案は、白紙撤回すべきだ (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2009年ハル号) (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2009年フユ月号)
「新常用漢字表」試案を批判する (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2009年フユ号)
 書体/フォント カナ活字のはなし (カワイ ヒロシ 「カナノヒカリ」1997年11月号)
 書評/本の紹介 「漢字と日本人」 を よんで ―エールと チューモン― (ワタナベ サトシ 「カナノヒカリ」2002年フユ号)
『ことばと社会』(三元社)(雑誌) (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2000年フユ号)
◆ 『国語国字問題の歴史』(平井昌夫著) 『ことばと社会』(三元社)(雑誌)の〔注1〕
◆ 『アイヌタイムズ』(アイヌ語ペンクラブ)(雑誌)『ことばと社会』(三元社)(雑誌)の〔注3〕 
『イデオロギーとしての「日本」』(ましこ ひでのり著)  (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年2月号)
 人名/地名 (日本) キラキラネーム ―― その キラメキと ウレイ (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2012年アキ号)
アテ漢字のイロイロと そのガイ (オバタ・タダオ 「カナノヒカリ」1997年12月号)
市町村名はカナ書きが望ましい(2)〜「あきる野市」と「鹿嶋市」〜 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」1996年4月号)
市町村名はカナ書きが望ましい(1)〜「幸手市」の場合〜 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」1996年3月号)
 → 戸籍/人名漢字 も 見よ
 人名/地名 (外国) 新聞は現地読みを表記せよ (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年2月号) 
 専門用語 カタカナで書く囲碁用語 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2000年ナツ号))
改悪された『教育用音楽用語』の外来語表記 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1997年3月号)
 知的障害者と国字問題 日本語をバリアフリーのコトバに(1)〜知的障害者から書きコトバを奪っているものは何か〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2001年ハル号)
 地名  → 人名/地名
 中国の文字改革 郭沫若の文字改革論 (さねとう けいしゅう 「カナノヒカリ」1978年12月号)
 同音異議語 同音異義語の区別に不可欠な漢字の廃止は不可能? (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2006年ナツ号)
国語問題としての 同音語問題 (国語国字問題講座 第9講) (「カナノヒカリ」1981年9月号)
 当用漢字(表) 戦後の国語改革は、ドサクサにまぎれて偏向者がおこなったものか? (ユズリハ サツキ) 「カナノヒカリ」2008年アキ号
当用漢字時代 (国語国字問題講座 第7講) (「カナノヒカリ」1981年7月号)
 日中漢字共通化 日本文化擁護のために ―― 日中略字統一化に反対 ―― (さねとう けいしゅう 「カナノヒカリ」1977年11月号)
 バリアフリー (コトバの) 日本語をバリアフリーのコトバに(3)〜外国人に冷たい日本語の書きコトバ〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2002年フユ号)
日本語をバリアフリーのコトバに(2)〜視覚障害者をコトバの弱者にしているものは何か〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2001年アキ号)
日本語をバリアフリーのコトバに(1)〜知的障害者から書きコトバを奪っているものは何か〜 (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」2001年ハル号)
 ハングル カナダラ順 (ヒロタ ヒロコ 「カナノヒカリ」1988年10月号)
韓国の漢字 (キム ハエ セオング 「カナノヒカリ」1983年7月号)
 
→ 韓国・朝鮮の漢字廃止運動/文字改革 も 見よ
 表外漢字字体表 国語審議会試案 エノ イケン (「カナノヒカリ」2000年アキ号)
「表外漢字字体表」はいらない (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1999年アキ号)
 フォント  → 書体/フォン
 福沢諭吉の漢字廃止論 漢字制限の 足どり (国語国字問題講座 第6講) (「カナノヒカリ」1981年6月号)
 前島密のカナ専用論 明治の 新時代を むかえて (国語国字問題講座 第5講) (「カナノヒカリ」1981年5月号)
 交ぜ書き 「障害者」「障がい者」「障碍者」 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2010年ハル号)
「交ぜ書き」をどうすべきか (キクチ カズヤ 「カナノヒカリ」1996年12月号)
 盲人と国字問題  → 視覚障害者と国字問題
 横書き 戸籍簿も 登記簿も! 〜 ひろがる 横書きの 領土 〜 (フジワラ タダシ 「カナノヒカリ」2007年アキ号)
なぜ「縦書き」でなく、「横書き」なのか (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2006年ハル号)
 略字 日本文化擁護のために ―― 日中略字統一化に反対 ―― (さねとう けいしゅう 「カナノヒカリ」1977年11月号)
 ローマ字 ローマ字か カナモジか (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2008年フユ号)
 分かち書き カナモジ文は「分かち書き」をするから難しいか? (ユズリハ サツキ 「カナノヒカリ」2011年フユ号)

このページの初めにもどる