「カナノヒカリ」 911ゴウ (2001ネン ハル)

〈トップページ〉ヘ    〈カナモジカイの主張〉へ    〈機関誌「カナノヒカリ」〉へ    


日本語をバリアフリーのコトバに (1)

〜知的障害者から書きコトバを奪っているものは何か〜

                                           キクチ カズヤ             

   
  昨年の 11月18日から 19日に かけて 千葉市 幕張で ひらかれた「ピープルファースト大会in東京」の 閉会式で、カナだけで かかれた 宣言文が チカラづよく よみあげられました。ここに その 一部を紹介します。
〔ピープルファースト宣言〕
  わたしたちピープルファーストは、わたしたちじしんの グループです。
  いままで わたしたちは「じぶんで しり、じぶんで きめて、じぶんで する」という あたりまえの ことを みんな きづかないうちに うばわれてきました。   ………
  わたしたちの はなしを もっと きいてください。
  わたしたちは これからも どんなさべつに たいしても こえを だしていけるように はげましあって たたかっていきます。
  わたしたちは、しょうがいしゃで あるまえに にんげんです!

  「ピープルファースト」とは、「(知的障害者で ある マエに)まず 人間として」と いう 意味で、自分たちの イキカタは 自分たち 自身で きめて いこう、と いう 知的障害者の 運動の 名称として つかわれて います。この運動は 1970年代に アメリカで はじまり、イマでは 世界44カ国に ひろがって います。日本では 1994年に 第1回の 大会が ひらかれて います。7回目と なった 今回の 大会 には、全国から 784人が 参加しました。

  ところで、この 宣言文が なぜ カナばかりで かかれて いるのかは、あらためて 説明するまでも ないでしょう。
  知的障害者の ナカには、漢字の 知識は 十分では ないが、カナでならば ヨミカキが できる、という ヒトは オオゼイ います。カレラは カナで 文章を かいて、自分の かんがえて いる ことを ヒトに つたえる ことが できます。しかし、一般の漢字カナマジリで かかれた 文章を よむ ことは 困難です。
  かれらには、自己を 文字に よって 表現するだけで なく、ホカの ヒトが かいた ものを よんで 情報を える 権利が ある はずです。しかし その 権利は 事実上 うばわれて います。
  漢字が バリア(障壁)に なって いるのです。
  日本語の 表記法は マチガイなく 世界で イチバン むずかしい ものです。その 原因は、漢字の 字形の 複雑さ、カズの オオサ、そして ツカイカタの 煩雑さに あります。ですから 漢字制限や 字体の 簡略化などの 改革が おこなわれたのは 必然的な ことでした。しかし その 改革は ミチ ナカバで アシブミを しています。日本語は 漢字 なしでは かけない、カナだけで かいた ものなど 本当の 文章では ない、と いう あやまった カンガエカタが ネづよく のこって います。

  一方、イマでは、社会の アリカタとして「バリアフリー」を めざす ことが アタリマエの ことと されて います。しかし、コトバに おける バリアの 問題に おもいいたる ヒトは きわめて すくないようです。コトバは 人間の イトナミの ナカで 決定的に 重要な 位置を しめる もので あるにも かかわらず。
  「バリアフリー」と いう 思想が 普遍的な もので あるならば、コトバの バリアも とりはらうのが 当然でしょう。その ためには、知的障害者や 視覚障害者、そして 外国人の おおくに とって こえる ことの できない バリア、そして ホカの 言語では ありえない バリアで ある 漢字を、すくなくとも 日常生活では、つかわないように する ことが 絶対に 必要では ないでしょうか。

 ◆この 文章の ナカの ピープルファースト大会に 関する クダリは、『福祉広報』504号(2000年12月 社会福祉法人 東京都社会福祉協議会 発行)「わたしたちの話をもっと聞いて!」に よって います。

このページのはじめへ