「カナノヒカリ」 753ゴウ (1985ネン 4ガツ)

〈トップページ〉ヘ 〈カナモジカイの主張〉へ 〈機関誌「カナノヒカリ」〉へ
          

外国語を訓読みする

                                           つかはら よしお 


   
 日本語の 「とぶ」と いうことばに あたる 中国語には 「ショウ(翔)」「チョウ(跳)」「ヒ(飛)」 などが ある。英語なら,それぞれ FLY;SOAR;JUMP;LEAP;SPRING;SKIPなど だろう。「あわてて とんでゆく」なら この 「とぶ」は HASTENか。
 そこで 中国語を 訓読み(クンよみ) すると,「翔ぶ」 「跳ぶ」 「飛ぶ」と おくりがな 「ぶ」を そえて 「ショウ(翔)」「チョウ(跳)」「ヒ(飛)」を 「と」と よむ。
 おなじように 英語を 訓読み すると,FLYぶ;SOARぶ;JUMPぶ;LEAPぶ……などと,おくりがな 「ぶ」をそえて FLY;SOAR;JUMP;LEAPを 「と」と よむ ことに なる。
 そして,FLYと JUMPとは 意味が ちがう のだ,飛と 跳とが 意味がちがうように などと いうのである。
 それにしても FLYも JUMPも SOARも みんな 「と」と よむのは いいこと だろうか。
 見る;観る;視る;看る;診るなども,中国語の かわりに 英語を つかうと SEEる;LOOK(AT)る;GLANCEる;WITNESSる;WATCHる;STAREる;GAZEると なる。SEEも LOOKも GLANCEも みんな 「み」と よむのである。
 訓読み とは そういう よみかたで ある。                                                                  


このページのはじめへ