カナモジカイ コウシキ サイト
トップページ > カナモジ文の書き方


標準分かち書き (ヒョウジュン ワカチガキ)



【まえがき】 この『標準分かち書き』は、現代の日本語をカナまたはローマ字で書き表わすための「分かち書き」のよりどころとして提案されたものである。

分かち書きの規則

【1】 一つの単語は一綴りに書く。ただし、【3】【4】の場合を除く。
  (例) ヤマ, ノボル, オオキイ, コノ, トテモ, ソシテ, マア, ヲ, デス
 〔注1〕複合語も一つの単語であるので一綴りに書く。ただし、【4】の場合を除く。
  (例) ハナタバ(複合名詞),オモイダス(複合動詞),ナサケブカイ(複合形容詞),ソウイウ(連体詞), ダカラ, トコロガ(接続詞), ノデ, ノニ(助詞)
 〔注2〕国語辞典の見出し語になっていれば、そのことを一つの目安として、一つの単語と判断してもよい。
  (例) ヨノナカ, アマノガワ, ソノウエ, ソレカラ, コンニチハ
 〔注3〕接頭語・接尾語は、単語を構成する要素であるので、それが付く語と合わせて一綴りに書く。ただし【4】(4)の場合を除く
  (例) オチャ, カヨワイ(「お、か」は接頭語), アリガタミ(「み」は接尾語)

【2】 単語と単語の間は分けて書く。ただし、【5】【6】の場合を除く。
  (例) タイヨウ ハ ヒガシ カラ ノボリ、 ニシ ニ シズム。
      マア、 トテモ オオキイ イヌ デス ネ。

【3】 次の単語の語幹と語尾は分けて書く。語尾「だ」は、助動詞「だ」と同じものとみなす。
(1)形容動詞 
  (例) シズカ ダ, シズカ ナ, シズカ ニ, シズカ デ; シズカ デス
 〔注〕文語系の形容動詞も同じように分けて書く。
  (例) ドウドウ タル, ドウドウ タレ, ドウドウ ト; タエ ナル
(2)助動詞「そうだ(様態),そうだ(伝聞),ようだ,みたいだ」
  (例) ハレル ソウ ダ, サムイ ヨウ ダ, オクレル ミタイ デス

【4】 次の単語は、それを構成する要素の間を分けて書く。
(1)活用しない複合語で、おおむねカナ5字(ローマ字8字)を超えるもの
  (例) サクラ ナミキ, シゼン カガク, カブシキ ガイシャ, ワイン グラス (複合名詞);
    ケチョン ケチョン (擬態語)
 〔注1〕よく熟しているものや畳語であるものは、おおむねカナ7字まで一綴りに書くことができる。
  (例) ムカシバナシ, ショウガッコウ, アイスクリーム, ユキガッセン;
    キョロキョロ
 〔注2〕意味を取り違えられる恐れのない場合、語本来の組み立てにこだわらず、読みやすい分け方にすることができる。
  (例) ユウビン キョクチョウ (<(ユウビン+キョク)+チョウ)
(2)名詞または擬態語と「する」で構成された動詞(複合サ行変格活用動詞)
  (例) ウワサ スル, トク スル, ケンキュウ スル, デザイン スル (名詞+する);
    ユックリ スル (擬態語+する)
 〔注1〕語幹が漢字1字の漢語で、かつ語幹と「する」の間に助詞「を」をはさむことができないときは分けて書かない。
  (例) アイスル (愛する), キスル (期する), オウズル (応ずる)
 〔注2〕複合サ行変格活用動詞の語幹に他の動詞が続くときも同じように分けて書く。
  (例) ケンキュウ イタス, ケンキュウ デキル, ビックリ ナサル
(3)助詞を伴う副詞
  (例) コツゼン ト, スグ ニ, ゼッタイ ニ, アクマデ モ;
      ユックリ ト (擬態語+と), ピカピカ ニ (擬態語+に)
 〔注〕一語になりきっている(助詞の前の部分が単独では使われることがない)ものは一綴りに書く。
  (例) チョット, モット, オノズト, サラニ, スデニ
(4)接頭語・接尾語や単語の前後につく語で、分けた方が意味を取りやすくなるもの(とりわけ固有名詞の前後につくもの)
  (例) ダイ バッハ (大バッハ), スズキ サマ, ヤマモト タチ
      モト カイチョウ, カク カイイン, 2ワリ ジャク, ナリタ ハツ

【5】 活用する単語の「終止形・連体形以外の活用形」に続く接続助詞・助動詞のすべておよび終助詞「な(命令)」は、前の単語と合わせて一綴りに書く。
 ◆〔接続助詞〕 「ば、たり、て、ても、ながら、つつ」
  (例) ウタエ,ウタッタリ,ウタッ,ウタッテモ,ウタイナガラ,ウタイツツ
 ◆〔終助詞〕 「な(命令)」
  (例) ウタイ
 ◆〔助動詞〕 「れる・られる、せる・させる、たい、たがる、ない、ぬ、た、ます、う・よう、そうだ(様態)」
  (例) ウタワレル, ウタワセル, ウタイタイ, ウタイタガル, ウタワナイ, ウタワ, ウタッ, ウタイマス, ウタオ, ウタイソウ ダ
 〔注1〕文語系のものも同じように書く。
  (例) モチ モタレ
 〔注2〕助動詞「そうだ(様態)」は、連用形以外に続くときも前の語と合わせて一綴りに書く。
  (例) ウレシソウ ダ (形容詞の語幹「うれし」+そうだ)

【6】 助詞「へ、に、で、と」、助動詞「だ」の連用形「に、で」のいずれかのあとに助詞「は、も、の」のいずれかが続くときは、合わせて一綴りに書くことができる。
  (例) ココ ヘハ キタ, カレ ニモ ハナシタ, ジョウブ デハ アル

【7】 次の場合は、適宜ハイフンをもちいて書くことができる。
(1)活用する単語で綴りが長いとき。
  (例) ハタラキ-ツヅケル (複合動詞), オモシロ-オカシク (複合形容詞), キレイ-サッパリ (複合副詞), タシカメ-ラレナカッタ (動詞+複数の助動詞)
(2)その他、意味を取りやすくするとき。
  (例) ジム-キキ, シカイシ-カイ, オオ-オトコ, ハツ-ウグイス, フク-シブチョウ, ジュン-カンゴシ, オリタタミ-シキ, カンサイ-フウ

【8】 【1】~【7】によることができないときは、この規則の理念を踏まえつつ適宜に書いてよい。
  (例) イワズ モガナ, イワズモガナ,  ス ベキ,  スベキ (文語的な言いまわし);
      アナイ ニ, イワハル (方言); ホットク (音韻の崩れた口頭語); セカイ-ナイ-ソンザイ(専門用語)

分かち書きの規則の補足説明

【ア】 【1】の本文「一つの単語は一綴りに書く。」と【2】の本文「単語と単語の間は分けて書く。」は、分かち書きの本則であり、【3】~【7】は例外または許容である。

【イ】 連語・慣用句は一つの単語とは認められないので、【2】の本文にしたがって単語ごとに分けて書く。
  (例) デ アル, ト シテ, ノ デス, ニ ヨレバ, ヤム ヲ エナイ, トハ イウ モノ ノ, ニモ カカワラズ, アマス トコロ ナク; 
    ヌカ ニ クギ, ヤブ カラ ボウ, アブラ ヲ ウル

【ウ】 次の単語は、【2】の本文にしたがって、前の単語と分けて書く。
(1)【5】にあたらない助詞
  (例) ワカイ カラ, ゲンキ ダ ケレドモ (終止形に続く接続助詞);
    ワカイ ノデ, ゲンキ ナ ノニ (連体形に続く接続助詞);
    イソグ  (禁止), アヤマレ  (「な(命令)」以外の終助詞);
    サガシ  イク, アツク  ナイ, ハヤク  (その他の助詞)
(2)【5】にあたらない助動詞
 ◆「だ、です、らしい、まい、そうだ(伝聞)、ようだ、みたいだ」
  (例) モウ ハル ダ, ニギヤカ デス, オクレル ラシイ, ノガス マイ
 〔注1〕「まい」は、五段活用以外の動詞には未然形に続くが、その場合も分けて書くことができる。
  (例) デキ マイ, ニゲ マイ, ナットク シ マイ
(3)補助動詞(もとの意味を失って、他の単語について補助的な役割をしている動詞)
  (例) ハル デ アル, ハナシテ ミル, オシエテ アゲル, オユルシ イタダク, ゴラン クダサイ
    ケンキュウ ナサル, ジマン ナサル (【4】(2)〔注2〕)
 〔注〕「なさる」が動詞の連用形に続くときは、複合動詞と認めて一綴りに書く。
  (例) ウタイナサル, ウタイナサイ, シラベナサル, シラベナサイ

【エ】 数字・アルファベットなどの記号については、特別な扱いはしない。助数詞・単位は接尾語と認めて、前の語に続けて書く。
  (例) 3ネン Aグミ, 6ガツ 15ニチ, 1メートル 30センチ 

【オ】まぎらわしいので注意すべきこと
(1)接続助詞「ながら」が、形容詞に続くときは、連体形に続くので【2】本文にしたがって前の単語から分けて書く。
   〔連用形に続くとき〕 アルキナガラ, ウタイナガラ (【5】)
   〔形容詞連体形に続くとき〕 セマイ ナガラ, マズシイ ナガラ (【2】本文)
(2)終助詞「な(命令)」と終助詞「な(禁止)」を混同しないように注意する。
   〔命令〕(連用形に続く) ウタイナ, イソギナ (【5】)
   〔禁止〕(終止形に続く) ウタウ ナ, イソグ ナ (【2】本文)
(3)形容詞型活用語や助動詞「だ」の連用形に続く「ない」は形容詞であるので、【2】本文にしたがって前の単語から分けて書く。
   〔未然形+助動詞〕 シラナイ, ウタワナイ, タベナイ (【5】)
   〔連用形+形容詞〕 サビシク ナイ, オダヤカ デ ナイ, オトナ デ ナイ (【2】本文)
(4)助動詞「そうだ(様態)」と助動詞「そうだ(伝聞)」を混同しないように注意する。
   〔様態〕 ハレソウ ダ, タノシソウ ダ, ゲンキソウ ダ (【5】)
   〔伝聞〕(終止形に続く) ハレル ソウ ダ, タノシイ ソウダ, ゲンキ ダ ソウ ダ (【2】本文)
(5)助動詞「らしい」は前の単語と分けて書くが、接尾語「らしい」は前の単語と合わせて一綴りに書く。
   〔助動詞〕 アソコ ニ イル ノ ハ コドモ ラシイ (【2】本文)
   〔接尾語〕 コドモラシイ シグサ (【1】〔注3〕)
(6)接続助詞「ので、のに」と準体助詞「の」+「で、に」を混同しないように注意する。
   〔接続助詞〕 コノ ヒモ ハ ジョウブ ナ ノデ キレマセン。 (助動詞「だ」の連体形「な」+接続助詞「ので」 =丈夫だから)
   〔準体助詞〕 ヒモ ハ ジョウブ ナ ノ デ シバリナサイ。 (助動詞「だ」の連体形「な」+準体助詞「の」+係助詞「で」 =丈夫なもの(ひも)で)