「カナノヒカリ」 930ゴウ (2006ネン フユ)

トップページ > 機関誌「カナノヒカリ」 / カナモジカイの主張 /  国語国字問題Q&A     


国語国字問題Q&A

なぜ「ひらがな」でなく、「カタカナ」なのか

                                             ユズリハ サツキ 


  *この ページでは、原文の 一部を 省略して います。 原文は PDF で ご覧ください。


   
   カナモジカイは、なぜ「ひらがな」専用で なく、「カタカナ」専用を となえて いるのか?

  
 ヒラガナは、漢字の 草書から 発達しました。 そして、フデを つかって、タテに ならべやすい ように、また、ソレゾレの 文字が ツリアイの とれる ように みがきあげられて きました。 したがって、ヒラガナは 1文字 1文字の 独立性が つよい ため、漢字と イッショに つかうには 問題ありませんが、ヒラガナ ばかりで ヨコに ならべた バアイ、よみにくく なります。

  カタカナは、漢字の 一部分から できた もの です。 シタに しめした ように、〈イ〉は 〈伊〉の 偏、〈ヌ〉は 〈奴〉の ツクリ です。このように 1文字 1文字が 単純な 線で くみたてられて います。 したがって、ヨコに 2文字 3文字 つづけた バアイ、それらが くみあわさって語と して まとまる チカラが、ヒラガナに くらべて すぐれて います。

     
以 → 〈以の草書〉 → い
     
奴 → 〈奴の草書〉 → ぬ

     
伊 → イ
     
奴 → ヌ

  その カタカナの 特性を いかす ための 書体が カナモジ研究家に よって 設計されて きました。 これらは、カタセン(肩線)(「ア、カ、サ」などの ウエの ヨコ線)を そろえ、ソレゾレの 個性を いかして デザインされて おり、これまでの 明朝体などの カタカナに くらべて、はるかに 語形が つくりやすく なって います。〔〈カナモジ書体とは〉を 参照〕

        〔 中 略 〕

  カナモジカイの 伝統的な 理論に したがえば、ウエの ように オコタエする ことに なります。 が、現実には、ワタシタチは、ヒラガナ専用論を 排除しては いません。 漢字の 不便や 害を なくす ため、カタカナを よしと する ヒトも、ヒラガナを よしと する ヒトも、ともに テを たずさえて 運動して います。



  ※ この 記事は、『カナモジ ハンドブック』(「カナモジ ケンキュー グループ」発行 〔絶版〕) に おさめられた 「カタカナ: ヒラガナ:ローマ字ノ 比較」を もとに し、ワタクシの カンガエを かきくわえた もの です。


このページのはじめへ