「カナノヒカリ」 937ゴウ (2007ネン アキ)

トップページ > カナモジカイの主張 / 機関誌「カナノヒカリ」           


戸籍簿も 登記簿も! 〜 ひろがる 横書きの 領土

                                             フジワラ タダシ 


   
  ワガクニでは 戦後、一連の 国語政策の ナガレの なかで、官公署が 公文書を 作成するのに もちいられる 文、すなわち 公用文に ついても 改善が もとめられました。 それには、用語用字や 文体を やさしく する こと だけで なく、「執務能率を増進する目的をもって」「一定の猶予期間を定めて,なるべく広い範囲にわたって左横書きとする。」(『公用文作成の要領』(*1)) ことも ふくまれて いました。

  その 結果、公文書の 横書きは、ごく 一般的な ものに なりましたが、いまだに 法令を はじめ、縦書きの まま のこって いる ものが あります。 しかし 現在、事務の コンピューター化が 横書きの 領土を おしひろげる おおきな チカラと なって います。

  ワタシタチに もっとも ミヂカな 縦書きの 公文書と いえば、戸籍簿 でしょうか。 これは、テガキの または タイプライターで うたれた もの でしたが、この ツクリカタが かわりつつ あります。 1994年(平成6)年の 「戸籍法」の 改正に よって、戸籍事務を コンピューターで おこなう ことに なったの です。

  コンピューターを つかって シゴトを するの ですから、いうまでも なく、横書き での 処理に なります。 したがって、コンピューター化を すませた 市区町村では、イマまでの 縦書きの 「戸籍謄本/抄本」に かわり、横書きの 「戸籍全部事項証明書/個人事項証明書」が 交付される ことに なりました。 (*2)

  これまで 縦書きで あった 公文書と いえば、ほかに 登記簿を おもいうかべる ひとも いる こと でしょう。 登記事務も、1985(昭和60)年に 制定された 「電子情報処理組織による登記事務処理の円滑化のための措置等に関する法律」に より、コンピューター化 される ことに なりました。 これを おえた 登記所では、縦書きの 「登記簿謄本/抄本」に かわり、横書きの 「登記事項証明書」が 交付されます。 (*3)

  このように 公文書の 領域で 横書きが すすんで いるの ですが、まだまだ テバナシで よろこぶ ワケには いきません。まだ ホンマルで ある 法令や 国会の 決議などが 縦書き です。 公文書に 縦書きと 横書きが ともに つかわれて いる ことの 不自然さを ハッキリと みせつけるのは 『官報』です。 『官報』は 原則として 縦書き ですが、横書きの 文書も あるため、おなじ ページに 両方が まざって います。 しかも、共通の ダングミを つかって いる ため、紙面を タテに したり、ヨコに したり しなければ よめない と いう シロモノ です。

  いまや、トクに わかい ひとたちに とって、横書きは アタリマエの ことに なって います。 ウエで コンピューターでの 事務作業が 横書きを おしすすめる おおきな チカラと なって いる ことを のべましたが、世間の 横書きへの 抵抗感が ほとんど なくなって きた ことも それを アトオシして いる ように おもわれます。

  ワタシタチは このような 横書き への ナガレを さらに つよめ、法令などの 横書きを ぜひとも 実現させて いこうでは ありませんか。

                                  (2007/08/31)


  *1 『公用文作成の要領』は、公用文の 改善を 徹底させる ために、1951(昭和26)年に 国語審議会が 建議し、ヨクトシ、 内閣官房長官から 各省事務次官 あてに 依命通知 された。

  *2 戸籍事務の コンピューター化の ススミグアイ (2007年8月1日 現在)

(1) 全国の 市区町村数(政令指定都市は、区の カズ)  1,973 
(2) コンピューター化 した 市区町村数         1,375 (69.69%)
  【法務省から 提供された データに よる。 *3も おなじ】

  *3 登記事務の コンピューター化の ススミグアイ (2007年8月1日 現在)

(1) 全国の 登記所数                     536庁
  (ウチワケ) ア 不動産登記事務を とりあつかう 登記所数    536庁
         イ 商業・法人登記事務を とりあつかう 登記所数  507庁
(2) コンピューター化 された 登記所数            536庁
  (ウチワケ) ア 不動産登記事務 コンピューター化登記所数    492庁
         イ 商業・法人登記事務 コンピューター化登記所数  507庁


このページのはじめへ