「カナノヒカリ」 933ゴウ (2006ネン アキ)

トップページ > 機関誌「カナノヒカリ」 / カナモジカイの主張 /  国語国字問題Q&A 


国語国字問題Q&A

漢字の廃止がもたらすものは、文化の断絶・破壊?

                                             ユズリハ サツキ 


   
   漢字を 廃止したら 過去の 文献が よめなく なって しまう。これは 文化の  断絶、破壊では ないか?

  
 ワタシタチは、漢字を コノヨから 抹殺しよう などと かんがえて いる ワケ では ありません。ワタシタチの 主張は、日常生活では 漢字 なしで すませよう、という こと です。ですから、そのような ジダイに なっても、しばらくは、漢字の「読み」は 学校で おしえられる でしょう。

  学校で 漢字を おしえる ので あれば、カナモジ論の 論拠の ヒトツで ある 学習の 負担の 軽減は できない では ないか、と おかんがえに なるかも しれませんが、漢字の 「読み・書き」を まなぶのと「読み」 だけを まなぶのと では、必要な 時間、労力が まったく ちがいます。おそらく 数分の一の 時間、労力で すむ でしょう。不要と なった 「書き」の 時間を 別の 有用な コトガラの学習に あてる ことが できます。イマは、「ヨミ・カキ・ソロバン」さえ できれば いい と いう 時代では ありません。まなぶべき ことは 文明の 発展と ともに ますます ふえて いきます。かぎられた 時間を 有効に つかう べきです。

  また、過去の 文献には フリガナを もちいる ことに すれば、「読み」の 学習さえ いらなく なる でしょう。ヨミが わかる だけでは 理解できない むずかしい コトバには 注釈を そえれば いい こと ですし、コンピューターも 文献の 保存や 解釈の うえで おおきな タスケに なる でしょう。

  ついでに 「漢文」に ついて カンタンに ふれて おきます。「漢文」とは、シナ語に ほかならず、それを 日本流に よみくだすの では 正確な 解釈など 不可能 です。シナ語と して まなぶか、翻訳された ものを よむのが ただしい 「漢文」の学習と いう もの です。


このページのはじめへ